ライン

フォルクローレ関連楽器販売コーナー

ライン

フォルクローレで使われる楽器を販売しています(ケーナとサンポーニャの通信販売を開始しました)

フォルクローレとは

フォルクローレとは南米のアンデス地方の民族音楽の一種です。アンデス地方といっても、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチンに渡る南北にかなりの広範囲で広がる地域です。国や土地によって多少の音楽性や使用する楽器にも違いが出てきますが、ギター、チャランゴ、サンポーニャ、ケーナ、ボンボ、チャフチャスは多くのミュージシャンに使われています。

ケーナの話し

ケーナとの出会い

HiP-Soundの店長です。私がケーナを知ったのは、俳優でありケーナ奏者でもある田中健さんが演奏しているのをTVで観てかっこいいなぁ、音色も素敵だなぁと思ったのが最初です。ケーナを実際に手にとって見たのは2005年の愛知万博(愛・地球博)のアンデス共同館でした。右の絵は、同会場でボリビアの画家MAMANI MAMANI(ママニ・ママニ)画伯に描いて貰った似顔絵です。顔は太陽、目は月、鼻は雷、肩は山を表しているそうです。

ケーナ購入時の失敗談

愛・地球博から帰ってきてケーナのことが気になり、オークションで8000円くらいのものを落札しました。ハカランダ材のちゃんとしたものでしたが、音程が合わず別のものに取り替えてもらいましたが交換したものでも音程が合っていなくて返品しました。 今思うと、自分の吹き方が悪かった(初心者は音が♭しやすい)のです。また、ケーナに使われるボリビア音階やアルゼンチン音階は西洋の音階(とくに馴染みの深い平均律)とは違って当然だったのでした。出品者に悪いことしたと思いますが、そういう知識がないと楽器を売るのは難しいと感じました。 結局オークションでの購入はやめて、楽器に詳しい専門店から購入することにしました。もちろん今では自分もある程度ケーナを吹いてきたので、2010年よりケーナの販売を開始することとなりました。

似顔絵

初めてのケーナ

ケーナはもともとカーニャと呼ばれる葦(アシまたはヨシ)で作られていました。また、動物の骨で作られたものもありましたが、近年では木製または竹製のものが主流です。私は最初の一本目として木製のものを購入しました。少し吹けるようになってから竹製のものも欲しくなり、田中健さんのHPで当時扱っていたオリジナルケーナを購入しました。掲示板で田中健さんとは何度かお話しましたが、とても気さくな方で、TVに松崎しげるさんと演奏しているのを観たというと懐かしがっていました。また、ケーナを大変愛している方だということが感じられました。

木製と竹製の違い

ケーナ初心者にして木製と竹製のケーナを購入しましたが、どちらもそれぞれの魅力があります。 木製のものは音の立ち上がりが良く、透明感のある澄んだ音色がします。また、作りが丈夫です。竹製のものは温かみのあるほのぼのとした素朴な音色がします。加工がしやすく材料が手に入りやすいので自作される方のほとんどは竹を使用しています。

ケーナの種類と呼び方

通常使われるケーナはG管ですが、これは全部の穴をふさいだ時の最低音がG(ハ長調のソ)となる全長37〜40cmの縦笛です。曲の調(キー)やパートによってはG管以外のケーナも使われます。
通常のケーナよりも短いものをケニージャ、長いものをケナーチョといいます。「小さいケーナ」「大きいケーナ」と言うニュアンスですので、F管のケーナをケナーチョと呼ぶ場合もあります。さらに細かく分類したのが表1の名称です。

ボリビア調律とアルゼンチン調律

日本にフォルクローレと共にケーナが紹介された1970年代は、アルゼンチン調律のケーナが主流でしたが現在ではボリビア調律が一般的です。G管の場合で説明すると、アルゼンチン調律は全開放がソ#になることと、シの時以外は2番目の穴を常にふさいでいることが特徴です。

表1 ケーナの種類(キーの違い)

名称 最低音 長さ
ケニージャ A(ラ) ★35cm前後
ケーナ G(ソ) ★★38cm前後(一般的なケーナ)
ケーナ F(ファ) ★★★42cm前後
チョケーラ D(レ)# ★★★★47cm前後
ケナーチョ D(レ) ★★★★★50cm前後



運指表はこちら→ボリビア調律 アルゼンチン調律

大木岩夫ケーナの販売

当店ではケーナ奏者としても有名な大木岩夫氏が製作したケーナを販売しています。千葉県産の良質な女竹を用いて一本づつ丹念に作られたケーナは正確なピッチ(音程)で、音が出しやすいことが特徴です。在庫のみの販売となります。


商品番号KH005 F〜D管用ソフトケース
約53cm
店頭価格\1,296 通販特価\1,200

ソフトケースはペルー産の高級でしっかりした民族布を使用しています。東京の縫製専門会社にて製作したものなので輸入品に比べ高級感があります。



商品番号KS011 ケーナF管 アルゼンチン調律
A=440Hz
店頭価格\9,720 通販特価\9,000  



 

南米輸入ケーナの販売

南米製の上級者向けケーナです。

  
商品番号KS106 ケーナG管 ハカランダ(ブラジル紫檀)材
ボリビア調律 Ramos製
店頭価格\7,020 通販特価\6,500  


サンポーニャについて

サンポーニャとは、ケーナと共にフォルクローレでよく使われる楽器です。底が閉じている葦の管の中に息を吹き入れることで音を出すパンフルート(またはパンパイプ)と呼ばれる管楽器の一種です。サンポーニャに使われる葦はその産地によってソンゴやキメと呼ばれます。ソンゴ産の葦はキメ産より上質とされています。

サンポーニャの種類

ケーナと同様にサンポーニャも様々な大きさがあります。ケーナと違うのは、大きさはキーの違いによるものではなく、オクターブによって大きさが変わります。ただし、同じ種類でも音域が若干使用している管の本数により大小します。また、一般的なサンポーニャは管の配置が2列ですが、半音階用に一列多くした3列のクロマチック対応のものや、一列に並べたものもあります。

表2 サンポーニャの種類(オクターブの違い)

名称 パート 長さ
チュリ ソプラノ ★15cm前後
マルタ アルト ★★30cm前後(一般的なサンポーニャ)
サンカ テノール ★★★60cm弱
トヨ バス ★★★★100cm超

サンポーニャの販売

現在、サンポーニャは店頭販売のみですが、全国発送可能です。在庫に付いてはメールか電話でお問い合わせ下さい。

チャフチャスの販売

チャフチャスとはヤギの爪または木の実を糸でつなぎ、マラカスのように振ることで「チャク、チャク」という音を出す打楽器の一種です。チャクチャスやチャクチャとも呼ばれます。 足首に装着して足踏みしながら演奏することもあります。

当店では右の写真の様なヤギの爪で作られたチャフチャスを1個単位で販売しています。両手あるいは両脚に装着する場合は2個お買い求めください。

商品番号HC001 チャフチャス ヤギの爪
店頭価格\1,944 通販特価\1,800  
Copyright (C) 2004 HADANO Internet Projects Limited Partnership. All Rights Reserved.

ホームページテンプレートのpondt